産女
うぶめ


『画図百鬼夜行』陽 「姑獲鳥」
鳥山石燕
【江戸時代】

『百怪図巻』 「うふめ」
佐脇嵩之
【江戸時代】

 日本各地に伝わる妖怪。
 難産で死んでしまった女の霊。姑獲鳥とも書きます。
 赤ん坊を抱いた女が現われて、「赤ん坊を抱いてくれ」とせがみます。もしこの赤ん坊を抱いてしまうと、次第に赤ん坊が重くなって、やがて殺されてしまうのだそうです。
 しかし、必ずしも危険な妖怪だとは限らないらしく、抱いた赤ん坊がいつのまにか葉っぱや石に変化していたという穏便な話や、赤ん坊を受け取ったおかげで大力を授かったという話を伝える地域もあるようです。

 また、こうした女の怪とは別に、ウブメは怪火であるとか、鳥の姿をしているといった伝承も残されています。

日本各地に伝わる産女の類
名前 地域
ウーメ 長崎県
ウグメ 長崎県、熊本県 など
ウバメ 山口県
ウバメドリ 茨城県
産女(ウブメ) 日本各地
ウンメドリ 長崎県
オゴメ 東京都
オボ 福島県

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪図巻』 京極夏彦 文、多田克己 編・解説 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

inserted by FC2 system