姥が火
うばがひ


『画図百鬼夜行』陽 「姥が火」
鳥山石燕
【江戸時代】

 江戸時代の怪談本や随筆などにある火の妖怪。
 『古今百物語評判』(1686)には、丹波(京都府)の保津川に現われた姥火のことが記されています。子どもを誘拐して売っていた老婆が洪水で溺れ死んで以来、夜になるとこの怪火が出るようになったそうです。
 また、『諸国里人談』には河内国(大阪府)の平岡神社に現われた姥火のことが書かれています。雨の降る夜に現われる一尺ほどの怪火で、平岡神社で油を盗んでいた老婆が死後に姥火になったとされています。ある人の前に姥火が落下したことがありました。落ちた姥火は鶏のような鳥に見え、飛び立ったときには火の玉に見えたそうです。
 鳥山石燕の『画図百鬼夜行』(1776)にも描かれ、「河内国にありといふ」 とだけ記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

inserted by FC2 system