白粉婆
おしろいばば


『今昔百鬼拾遺』雲 「白粉婆」
鳥山石燕
【江戸時代】

 石川県に伝わる、笠をかぶった老婆の妖怪。
 雪の降る夜、酒を買うために現われると云われています。
 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』(1781)にも同名の妖怪が描かれ、「紅おしろいの神を脂粉仙娘と云 おしろいばばは此神の侍女なるべし おそろしきもの しはすの月夜女のけはいとむかしよりいへり」 と記されています。

 また奈良県には、白粉婆さんという、鏡を引きずる老婆の妖怪が伝えられています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system