尾裂き
おさき

 茨城県、群馬県、埼玉県、東京都奥多摩、栃木県、長野県、新潟県などに伝わる憑き物。
 ハツカ鼠よりも少し大きい動物であるとか、鼠と鼬または梟の雑種などと言われています。その姿についても、裂けた尾がある、口が四角い、人の耳のような耳を持っていて鼻先は白い、頭から尾へと黒い線があるなど、様々な特徴が伝えられています。これにとり憑かれると精神がおかしくなり、不可思議な行動をとるようになります。
 人間個人ではなく家に取り憑くこともあり、そうした家をオサキ屋、オサキ使い、オサキ持ちなどといいます。人に憑いているオサキは祈祷で祓うことができますが、家に憑いたオサキは祓うことができません。オサキ持ちの家は徐々に裕福になっていきますが、周りの家には悪影響を与えるとされています。例えば、オサキ持ちの家の住人が他の家の物を欲しがると、オサキがそれを奪い取り、オサキ持ちの家の者が誰かを恨むと、恨まれた人はオサキによって病気にされます。ちなみに、オサキ持ちの家の者が嫁ぐと、嫁ぎ先の家もオサキ持ちになります。
 オサキは江戸にはいないそうで、江戸時代の随筆にはその理由について、オサキが戸田川を渡ることができないからとか、王子稲荷があるからなどと記されています。また、オサキは那須で退治された九尾の狐の尾が落下した場所から生まれたという記述もあります。
 オサキは「お先」とも書き、また、オサキ狐、オーサキとも呼ばれます。
 茨城県では、お先狐(オサキギツネ)という狐が人の行く先に出てきて、油揚げをねだったそうです。

 また徳島県では、憑き物のオサキとは違いますが、山の尾の先や、山の屋根が里のそばまで続く場所のことを御崎(オサキ)と呼びます。天狗や大蛇などの変化が通る道だといわれていて、こういう場所に家を建てるのは良くないそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system