送り雀
おくりすずめ

 奈良県や和歌山県に伝わる小鳥の妖怪。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)に「オクリスズメ 山路を夜行くとき、ちちちちと鳴いて後先を飛ぶ小鳥がある(南紀土俗資料)。声によって蒿雀かという人もあるが、夜飛ぶのだから鳥ではあるまい(動物文学三三号)。那智の妙法山の路にも以前はよく出た。紀州は一般に、送雀が鳴くと狼がついて来るといい、又は送狼がついて居るしらせだともいう(有田民俗誌)。伊予の南宇和郡では、ヨスズメという一種の蛾がある。夜路にあるけなくなる程飛んで来ることがある。そのヨスズメは山犬のさきぶれだという(南予民俗二号)」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system