送り提灯火
おくりちょうちんび

 向島(東京都の墨田区)で目撃された火の妖怪。
 久保田藩藩士の三浦儀右衛門が、提灯を持たないで夜道を歩いていると、近くには誰もいないのに、足元が提灯で照らされて明るくなりました。それを儀右衛門は牛島明神の加護だと考え、提灯を奉納しました。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system