オボ

 群馬県、新潟県、福島県に伝わる妖怪。
 群馬県では、山に現われる鼬のような妖怪とされていて、歩行者の足にくっついたり、赤子が泣くような声を出したりします。オボが足についたときは、刀の下げ緒をオボにあげればよいと言われています。
 新潟県では、墓から死体を掘り出して脳を食べる妖怪だと言われ、福島県では産女の仲間だと伝えられています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system