磯撫
いそなで


『絵本百物語』一 「磯撫」
桃山人・文、竹原春泉・画
【江戸時代】

 『絵本百物語』(1841)に描かれている妖怪。
 「西海におほく有 かたちふかのごとく尾をあげて船人をなで引込てくらふとぞ」 と記されています。
 肥前松浦(佐賀県や長崎県)の沖では、北風が吹くときに磯撫という魚が海の上に現われて暴れるのだそうです。船が通ると、磯撫は尾を使って船の中にいる人を海に撫で込み、食べてしまいます。磯撫の尾には鉄のような針が逆様に生えているそうです。

 


参考文献
本竹原春泉 絵本百物語―桃山人夜話―』 多田克己 編、京極夏彦 ほか文 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system