一本だたら
いっぽんだたら

 和歌山県や奈良県などに伝わる、山に棲む妖怪。
 和歌山県と奈良県の境あたりにある果無山では、一本だたらは皿のような目をした一本足の妖怪だと言われていて、12月20日にだけ現われるそうです。
 奈良県の伯母ヶ峯でもやはり一本足だとされ、柱のような姿をしています。一本足なので、片方の足だけの足跡が雪の上に残ります。こちらも12月20日に現われるとされているので、この日は山に入らないそうです。
 一つだたらとも呼ばれていて、和歌山県では、ゴーライ(河童)が山に入ると一つだたら(カシャンボ)になると伝えられています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

inserted by FC2 system