遺念火
いねんび、いにん・びー

 沖縄県に伝わる火の妖怪。
 金城朝永の「琉球妖怪変化種目」(1931)に「イニン・ビー (遺念火) フィー・ダマに同じ。変死人のあった所や墓に現れる」 と記されています。
 また、柳田國男の「妖怪名彙」(1939)には「イネンビ 沖縄では亡霊を遺念と呼び従って遺念火の話が多い(山原の土俗)。二つの注意すべき点は、大抵は定まった土地と結び付き、そう自由に遠くへは飛んでいかぬことと、次には男女二つの霊の火が、往々つれ立って出ることである。これは他府県でもよく聴く話で古い形であろうと思う。但し亡霊火と現在よばれて居るのは、専ら海上の怪火のことで、これは郡を為し又よく移動する」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『怪異の民俗学2 妖怪』 小松和彦・責任編集 (河出書房新社)

関連頁
もののけが湧く書庫
 ├ 琉球妖怪変化種目―附民間説話及俗信― 金城朝永 1931年
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system