一貫小僧
いっかんこぞう

 岡山県と鳥取県の境にある蒜山高原に伝わる妖怪。
 数珠を持った坊主がお経を唱えながら人の前に出てきますが、ひとこと会話すると姿を消すそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system