エブイ橋の主
えぶいばしのぬし

 北海道に伝わる、巨大なタコの妖怪。
 エブイ橋という橋の上で、橋の主が若僧の姿に化けて悲しい音楽を演奏しています。主だと気がつかずに通り過ぎた者は川へ落とされ、殺されてしまいます。主に遭遇したときは、念仏を唱えて、主の演奏を誉め、腰を低くして通れば良いのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system