小豆洗い
あずきあらい


『絵本百物語』五 「小豆洗」
桃山人・文、竹原春泉・画
【江戸時代】

 日本各地に伝わる妖怪、あるいは怪異。
 川や井戸で小豆を洗うような音が聞こえるというもの。
 音をたてるものの正体については、だとされることが多いようですが、その他にも、秋田県では蝦蟇、長野県では、広島県では川獺がその正体だと云われています。また、『絵本百物語』(1841)にある小豆洗いの挿絵には「山寺の小僧谷川に行てあづきを洗ひ居たりしを同宿の坊主意趣ありて谷川へつき落しけるが岩にうたれて死したり それよりして彼小僧の霊魂おりおり出て小豆をあらひ泣つ笑ひつなす事になんありし」 と記されています。
 小豆を洗う音が聞こえるだけであれば無害な妖怪に思えますが、島根県の小豆洗いは町外れの森から出てきて人を取るのだそうです。
 また、小豆洗いは怖ろしげな歌をうたうとされています。たとえば長野県では「小豆とぎやしょうか人とって食いやしょうかショキショキ」、新潟県では「小豆とごうか人とって噛もうか」などとうたうそうです。

 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)には「アズキトギ 又小豆洗いとも、小豆さらさらともいう。水のほとりで小豆を磨ぐような音がするといい、こういう名の怪物が居て音をさせるともいう。その場処はきまって居て、どこへでも自由に出るというわけで無い。大晦日の晩だけ出るという処もある(阿哲)。或は貉の所行といい(東筑摩)、又は蝦蟇が小豆磨ぎに化けるともいう(雄勝)。不思議は寧ろその分布の弘い点に在る。西は中国、四国、九州、中部、関東、奥羽にも居らぬという処は殆ど無い。何故に物は見もせずに、磨ぐのを小豆ときめたかも奇怪である。或はこの怪を小豆磨ぎ婆様、又は米磨ぎ婆と呼ぶ例もある(芳賀)。信州北佐久郡の某地の井では、大昔荒神様が白装束で出て、 お米とぎやしょか人取って食いやしょかショキショキ といいながら、米を磨いでは井の中へこぼしたと伝え、今でも水の色の白い井戸が残って居る(口碑集)。この言葉も全国諸処の小豆磨ぎの怪が、口にするという文句であってその話の分布も中々弘い」 と解説されています。

 

日本各地に伝わる小豆洗いの類
名前 地域
あずい洗い 岡山県
小豆洗い 日本各地
小豆洗い狐 岡山県
小豆洗い婆 宮城県
小豆こし 鳥取県
小豆ごしゃごしゃ 長野県
小豆さらさら 岡山県
小豆摺り 岡山県
小豆そぎ 山梨県
小豆そぎ婆 山梨県
小豆磨ぎ 山口県、広島県
小豆磨ぎ婆様 栃木県
小豆磨ぎ婆さん 群馬県
小豆とげ 岩手県
小豆婆 埼玉県
小豆やら 香川県
砂洗い 愛媛県

 


参考文献
本竹原春泉 絵本百物語―桃山人夜話―』 多田克己 編、京極夏彦 ほか文 (国書刊行会)
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 ├ 小豆洗い 清水時顕 1916年
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

 

  

inserted by FC2 system