安徳様の火玉
あんとくさまのひだま

 長崎県に伝わる火の妖怪。
 夜になると、川下名にある安徳様という場所の近辺の山から、提灯よりも大きな火が現われます。その火は海にいる漁師には見えますが、陸にいる人には見えません。火は隣村の江の浦まで飛んで行き、また川下名へと帰っていくそうです。
 村人たちはこの火を崇め、安徳神社を建てました。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system