天逆毎
あまのざこ


『今昔画図続百鬼』明 「天逆毎」
鳥山石燕
【江戸時代】

 『先代旧事本紀』や『和漢三才図会』(1712)などにある神。
 素戔鳴尊の腹や胸の中の猛気から生まれたとされる女神で、体は人で頭は獣、長い牙や耳と高い鼻を持っています。思い通りにならないと荒れ狂い、前にあれば後ろだと言い、左ならば右だと言うひねくれ者だそうで、どんなに力のある神でも、鼻で遠くに飛ばしてしまいます。
 天邪鬼天狗の祖先だとも言われています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system