天邪鬼
あまのじゃく

 日本各地に伝わる
 一般的には、人の言うことにわざと逆らったり、人の真似をしてからかったりする妖怪だと言われています。人の心の中を探る能力もあるようです。
 兵庫県では、天邪鬼が山と山を繋ぐ橋を作ろうとした話が伝えられています。もう少しで完成というところで朝になり、失敗してしまいました。岡山県では、天邪鬼が二上山を高くするために石を積み重ねますが、こちらの話でも、途中で朝が来て失敗します。
 静岡県や神奈川県には、天邪鬼が富士山を崩すために運んだ土が伊豆大島になったという話があります。
 秋田県、群馬県、茨城県、静岡県で言う天邪鬼は、山彦のようなものだとされています。
 富山県や岐阜県などでは山姥のことを天邪鬼と呼びます。
 岩手県では、炉の灰に天邪鬼がいるのだそうです。

 

日本全国に伝わる天邪鬼の類
名前 地域
アマグシャグメ 長野県
アマネジャク 長野県
アマノシャグ 山形県
アマンジャク 岡山県、神奈川県、新潟県、群馬県
アマンシャグメ 長崎県
アマンジャコ 兵庫県、岡山県

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system