アマメハギ

 石川県に伝わる妖怪。
 大晦日や節分の夜に家々をまわるもの。猿や天狗などの面をかぶって現われて、人のアマメ(長く火にあたっていたせいで足にできる胼胝)を剥ぐのだそうです。
 アマメハギの別名(あるいは類似した怪)には、アマミハギ、アマミヘギ、アマゲハギ、アマノハギ、アマメン様、アマメオドシ、面様などがあります。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

inserted by FC2 system