垢嘗
あかなめ


『画図百鬼夜行』陰 「垢嘗」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『画図百鬼夜行』(1776)に描かれている妖怪。
 舌を出した子供のような姿のもので、足には鋭い爪が一本だけあります。
 『古今百物語評判』(1686)には、古い屋敷や風呂場に現われる垢ねぶりという妖怪の話があり、石燕はそれを元にして垢嘗を描いたのではないかと考えられています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system