アカナー

 沖縄県の民話に登場する子供。
 むかしアカナーという子供が、一匹の猿と一緒に暮らしていました。あるとき、アカナーと猿が住む家の庭にあった桃の木に、たくさんの実ができました。欲張りな猿は、桃を独り占めするためにアカナーを殺そうと考えました。
 猿は「町へ行って、どちらがたくさん桃を売れるか競争しよう」と提案。アカナーが賛成すると、猿はとんでもないことを言いだしました。
「ただ競争するだけでは面白くないから、勝者が敗者を殺すことにしよう」
 アカナーはこの提案に驚きましたが、猿に言いくるめられて、本当に命をかけた桃売り競争をすることになってしまいました。
 木に登った猿は、自分の籠に赤い桃を入れて、アカナーの籠には青い桃を入れました。そして猿は那覇へ行って、あっという間に全部の桃を売り、家でアカナーを殺す準備をはじめました。猿の計画どおり、アカナーの青い桃はまったく売れず、とうとう夜になってしまいました。
 アカナーは夜空に輝く月を見上げて祈ります。
「お月様、どうか私を助けてください」
 アカナーを可哀想に思った月は、空から天久の山に籠を下ろして、アカナーを空の世界へと連れていきました。それ以来、アカナーは月で暮らすようになったのだそうです。
 月の中の影は、桶を持ったアカナーの姿だと云われています。

 


参考文献
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『図説 日本妖怪大鑑』 水木しげる (講談社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system