油ずまし
あぶらずまし

 熊本県に伝わる妖怪。
 浜田隆一の『天草島民俗誌』(1932)に「油ずまし 栖本村字河内と下浦村との境に草隅越と言うところがある。ある時、一人の老婆が孫の手を引きながらここを通り、昔、油ずましが出おったという話を思い出し、「ここにゃむかし油瓶さげたとん出よらいたちゅぞ」と言うと、「今も――出る――ぞ――」といって出て來た」 と記されています。
 そして、柳田國男は『天草島民俗誌』の記載をもとに、「妖怪名彙」(1938)に「アブラスマシ 肥後天草島の草隅越という山路では、こういう名の怪物が出る。或時孫を連れた一人の婆様が、ここを通ってこの話を思い出し、ここには昔油瓶下げたのが出たそうだというと、「今も出るぞ」といって油すましが出て来たという話もある(天草島民俗誌)。スマシという語の意味は不明である」 と記しました。ここではなぜか、妖怪の名前が「油まし」ではなく「油まし」となっています。

 ちなみに、熊本県栖本町には「すべり道の油すましどん」と呼ばれる石像があるそうです。油ずましの伝承と、いったいどのような関係があるのでしょう?

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『津々浦々「お化け」生息マップ』 宮本幸枝-著、村上健司-監修 (技術評論社)
本 『妖怪の理 妖怪の檻』 京極夏彦 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

 

 

inserted by FC2 system