油盗みの火
あぶらぬすみのひ

 『本朝故事因縁集』や『諸国里人談』に記されている火の妖怪。
 近江(滋賀県)大津の八町で、玉のような火が飛行したそうです。昔、ある人が毎晩、大津辻の地蔵から油を盗んで売っていました。その人が死後に怪火となったのです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system