油坊
あぶらぼう

 滋賀県に伝わる火の妖怪。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1939)に「アブラボウ 近江野洲郡の欲賀という村では、春の末から夏にかけて夜分に出現する怪火を油坊という。その火の焔の中には多くの僧形を認めるといってこの名がある。昔比叡山の僧侶で燈油料を盗んだ者の亡霊がこの火になったと伝えられる(郷土研究五巻五号)。河内枚岡の御社に近い姥が火を始めとしてこの怪し火には油を盗んだ話がよく附いて居る。或は民間の松の火が、燈油の火に進化した時代に、盛んにこの空想が燃え立った名残かも知れぬ。越後南蒲原の或旧家に昔アブラナセという妖怪が居て家の者が油を粗末に使うとすぐに出て来てアブラナセ、即ち油を返済せよといったという話がある(三條南郷談)。鬼火では無いがこれと関係があるらしい。以前は菜種は無く皆胡麻油であった。つまり今日よりも遥かに貴重だったのである」 と記されています。
 また『諸国里人談』にも、夏の夜に比叡山の西麓を飛ぶ、同名の怪火について記載があります。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system