油赤子
あぶらあかご


『今昔画図続百鬼』晦 「油赤子」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)に描かれている赤子の妖怪。
 「近江国大津の八町に玉のごとくの火飛行する事あり 土人云 むかし志賀の里に油をうるものあり 夜毎に大津辻の地蔵の油をぬすみけるがその者死て魂魄炎となりて今に迷ひの火となれるとぞ しからば油をなむる赤子は此ものの再生せしにや」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system